2017年12月12日

葉歩花庭クリスマス会席のお知らせ

Christmas dinner

唐辛子のリース1.JPG

12月23日〜25日 3日間
限定7組様 12,600円


(注 その期間はクリスマス会席コースのみとなります)

<前 肴> 
車海老艶煮 唐墨餅 帆立キャビア 雪輪蓮根 菜の花辛子和
<蒸 物> 
フカヒレ茶碗蒸し 蟹 銀杏 百合根
<造 り>
本日の燻し 二種 葡萄醤油添え
<焼 物> 
鮑磯辺焼 あしらい
<口直し> 
柚子ソルベ
<主 菜> 
牛フィレ肉ステーキ 季節野菜焼蒸し 自家製ソース
<食 事> 
バラちらし寿司 香の物 汁
<デザート> 
クリスマスデザート
珈琲又紅茶

キャンドルアレンジ3.JPG

今年も3日間限定で、恒例の葉歩花庭クリスマス会席をご用意しました。
今年は鮑などの高級魚介と和牛が楽しめるとてもお得なコースになっております。

北欧のしつらえと、キャンドルの温かい香りに包まれ、
どこのレストランにも無い、手作りの演出の中で、、
美味しい食事に酔いしれてください。
posted by chef at 11:43 | Comment(0) | 特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

2018年 新年のおせち料理のご予約と変更のお知らせ


葉歩花庭のおせち料理

2017 おせち.jpg

日頃より 葉歩花庭をお引き立て頂き誠にありがとうございます。

おせちのご予約と値段変更のお知らせです。
食材費の値上りでやむ負えなくおせちの値上げをさせていただきます。

二段重 税込み 34.560円 → 税込み 36.000円(税抜き33.333円)
一段重 税込み 19.440円 → 税込み 20.000円(税抜き18.518円)

二段重8.jpg 一段重3.jpg
        二段重                一段重(二名様分)

◆葉歩花庭 おせち 限定30個 完全予約制◆  ☆売り切れ次第 受付を終了いたします
◆お電話にて予約受付◆
  ご予約後に料金先払いとなります、その際に引き換え券をお渡しします。
◆ お渡し  2017年12月31日 11:00〜14:00 ◆
  葉歩花庭 にて お手渡しとなります ※御配送は応相談

来年も素晴らしい年になりますようにと願いを込めて
縁起もののお料理を、素材の持ち味を活かし丁寧に1品ずつ作り上げます。
葉歩花庭のおせちを囲んで乾杯して頂ければ幸いです。


ご予約お待ちしております



posted by chef at 15:53 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月と年始の営業予定

葉歩花庭をご利用頂きありがとうございます。
12月の予定と年始の営業開始をお知らせいたします。


12月のお休み  3.10.17日の日曜日 
※4日第一月曜日は営業します。
営業最終日はおせちの準備に入るため、28日木曜日とさせて頂きます。
葉歩花庭おせちご予約受付中です

クリスマスディナー
23.24.25日(土・日・月)に開催します
毎年恒例の葉歩花庭クリスマスディナーをお楽しみください。
ご予約お待ちしております。

年始は1月10日水曜日から営業いたします。

―年末年始を葉歩花庭でゆったりとお過ごしください―
posted by chef at 12:02 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

師走の会席「年送り会席」


年送り会席

12月の神楽坂通り.jpg


樹々は紅葉の華やぎを落とし、樹形美を現します。
枝先に近づくと来年の用意の始まりを見つけます。
神楽坂通りも師走になると、
商店の人も住人の方も皆早足になり、
忙しさが華やぎに映る12月の到来です。
1年が送れたことを感謝し、
愉しい会食が2017年の良き締めくくりへと
繋がりますように。



「草」



<前 肴>
湯葉蒸し 銀杏 百合根 雲丹 あん掛け          
<凌 ぎ>    
鰤の燻し握り あしらい 
<椀>
堀川牛蒡 海老真丈 青味    
<向 附>
本鮪 本日の天然物 妻一式    
<焚合せ>
海老芋鶏そぼろ射込み 錦あん
<口直し>
ズワイ蟹ジュレ掛け 
<強 肴>
牛フィレ肉照り焼き 冬野菜焼蒸し
<食 事>
雑魚と大根のご飯 香の物 汁
<デザート>
季節のもの

10.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます

12月食材 海老芋.jpg



「風」



<前 肴>
湯葉蒸し 銀杏 百合根 雲丹 あん掛け             
<凌 ぎ>    
鰤の燻し握り あしらい
< 椀 >
堀川牛蒡 海老真丈 青味   
<向 附>
本日の天然物 妻一式    
<焚合せ>
海老芋鶏そぼろ射込み 錦あん
<焼 物>
本日の焼き魚 つけあわせ
<食 事>
季節の御飯 香の物 汁
<デザート>
季節のもの

7.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「はな会席」



<前 肴>
フグの白子茶碗蒸し           
<凌 ぎ>    
鰤の燻し握り あしらい
< 椀 >
堀川牛蒡 海老真丈 青味    
<向 附>
本鮪 本日の天然物色々 妻一式     
<八 寸>
刺身湯葉雲丹ジュレ 唐墨餅 鰆西京焼 
鮑キャビア ナマコ共和え
<焚合せ>
海老芋鶏そぼろ射込み 錦あん 
<口直し>
ズワイ蟹ジュレ掛け
<強 肴>
牛フィレ肉照り焼き 冬野菜焼蒸し
<食 事>
鯛土鍋飯 香の物 汁
<デザート>
季節の物
鯛土鍋飯.jpg

15.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます
※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
料理のご予算もお気軽にお申し付けください

posted by chef at 11:18 | Comment(0) | 今月の会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

葉歩花庭メニュー挿絵 作品展のお知らせ


―葉歩花庭のメニュー挿絵担当の
関根千鶴さんがグループ展を催します―


1/絵布(f)ゆらぎ展

日時 12月8日(金)〜10日(日) 10〜19時 
※ 最終日17時まで
会場 吉祥寺 gallery re:tail
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9潤マンション103
   吉祥寺駅北口から中央通りを直進10分
グループ展 ページアドレス
:http://thetail.jp/archives/14997

2017 DМ画像.png

◎作家  
中井アキコ(手織り) 星 由華(イラスト) 
新谷幸代(イラスト) 内藤麻里(染色) 関根千鶴(水彩画)
& Special Supporter 矢島千砂

女子美術短期大学 造形科で
<出会い><学び><遊び> そして卒業...。
それぞれの“道”を歩み 久しぶりの再会の中、
自分達が一番ここち良い表現方法で、
それぞれの“今”を作りました。
2017年 冬 5人+αの<1/絵布 ゆらぎ展> 始まりです

オリジナル商品の販売もございます


◎作家プロフィール

< 内藤麻里 >
HP:http://atelier-sho.info

1985 女子美術短期大学 造形科卒業
1985 手描き染め工房に入社
 着物、帯の制作をする
1995より 歌手 五月みどりの衣装などを手がける
2010 京橋 ギャラリーくぼた 「第1回 賄いきもの展」
2012 練馬区美術館 「第2回・第3回 賄いきもの展」
2013 練馬区美術館 「第4回 賄いきもの展」
2015 練馬区美術館 「第5回 賄いきもの展」
2016 きものを楽しむ会「Tokyoきもの部」創設 部長就任
2017 コレド日本橋「きもの事件簿」出品
20170330162921.jpg

現在の工房「アトリエ翔」の趣旨
「手描き染色で、身につける人に喜んで頂く」に共鳴し、
礒部 翔太郎師匠に師事し、30年以上制作活動をしています。
多くの工房は友禅なら友禅というように
一つの技術を学ぶのですが、身につける人を考え
イメージから制作する「アトリエ翔」では、
一つの技術にこだわらず、
友禅・蝋加工・描上(素描)など多くの技法を
習得して来ました。
他に独自で、絞りや、刷毛で地色を染める引染にも
チャレンジしています。
それが「五月みどり様」や「双葉百合子様」の目にとまり、
作品を制作させて頂いています。
これからも、初志を忘れぬように制作に励んで参ります。
今回の作品展には、ストールなどの小物を主体に
制作・展示させて頂きます。
お時間が御座いましたら、ご高覧頂ければ幸いです。


< 新谷幸代 >

1985   女子美術短期大学 造形科卒業
1985   テキスタイルデザイン会社に10年勤務
         服地のデザインに従事
1996   広島に転居 地元を中心に活動
      写真展のプロデュースやグラフィックデザインの依頼を受ける


テキスタイルにこだわらず、
グラフィックをベースに幅広くデザインする。
癒しをテーマに身体、心の調和に関心があり、
安らぎの中にほんの少しのスピリットを感じる
デザインを表現しています。


< 関根千鶴 >

1985年 女子美術短期大学 造形科卒業
服飾雑貨販売会社に20年勤務
scarf、accessory、bagのデザインに従事
2004年 早稲田に会席料理「葉歩花庭」オープン
メニュー、パンフレットなどの挿絵、
レイアウトの依頼を受ける。
2007年 「葉歩花庭」神楽坂に移転 
現在も専属で絵を描き続ける

秋の実り籠2.jpg

子供の頃の私は好き嫌いが多いのに、
食べ物の絵を描くのは大好きでした。
葉歩花庭のお料理を頂いたのがきっかけで
嫌いだったものが大好物に。
葉歩花庭の自然の恵みを生かしたお料理、
日本の四季を感じるしつらえ、
共に「心の入った仕事を創造する」という
コンセプトに共感しています。
料理長が毎日市場から仕入れる
新鮮な食材で作られる料理の品々、
女将の生ける草花やしつらえを
自分らしく水彩画で表現しました。
美味しいもの、季節を知らせる草花には
心が癒されます。
私も癒される絵を目標に制作に励んで参ります。

今回初めてグループ展で作品を
展示することになりました。
メニュー挿絵の中から厳選した作品を展示致します。
展示会に足をお運び頂けたら幸いに存じます。

『葉歩花庭』 店主からの言葉
いつも心のこもった絵を届けて下さりありがとうございます。
毎月、季節に合わせた美味しそうな美しい絵が、
お客さんの目を喜ばせてくれています。
オープンして13年、関根さんの絵を見続けています。
手を抜くことなく、慣れることなく、
常に新鮮な思いを届けて下さるこころに感謝してます。
posted by chef at 10:43 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

霜月の会席「温石会席」


温石会席

温石(おんじゃく)とは、平安時代末頃から江戸時代にかけて、石を温めて真綿や布などでくるみ、
懐中に入れて胸や腹の暖を取るために用いた道具です。
また、禅寺で修行僧が空腹や寒さをしのぐため温石を懐中に入れたことから、茶の席で出す一時の
空腹しのぎ程度の軽い料理、あるいは客人をもてなす料理が懐石料理の由来となったと言われています。
寒さが厳しくなる晩秋。身も心も温まるお料理をゆったりとお楽しみください。




「草」



<前 肴>
茸の膾 菊花 春菊 とんぶり         
<凌 ぎ>    
牡蠣の燻握り つけあわせ
<蒸し物>
鯛の蕪蒸し 銀杏 百合根 鏡あん    
<向 附>
本日の天然物 妻一式    
<焚合せ>
海老芋 花鱈子 紅葉人参 青味
<珍 味>
白子ポン酢 紅葉おろし
<焼 物>
温石風 牛ヒィレ 季節野菜 
<食 事>
鮭親子御飯 香の物 汁
<デザート>
季節の物

10.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「風」



<前 肴>
茸の膾 菊花 春菊 とんぶり             
<凌 ぎ>    
牡蠣燻握り つけあわせ
<蒸 物>
鯛の蕪蒸し 銀杏 百合根 鏡あん    
<向 附>
本日の天然物 妻一式    
<焚合せ>
海老芋 花鱈子 紅葉人参 青味
<焼 物>
秋鮭 煎酒焼き あしらい
<食 事>
本日の御飯 香の物 汁
<デザート>


7.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「はな会席」



<前 肴>
湯葉蒸し 雲丹 キャビア ジュレ掛け           
<凌 ぎ>    
牡蠣燻し握り つけあわせ
<蒸し物>
鯛の蕪蒸し 銀杏 百合根 鏡あん    
<向 附>
本日の天然物色々 妻一式     
<八 寸>
秋鮭西京 常節旨煮 茸膾 唐墨大根 柿イクラ
<焚合せ>
海老芋 花鱈子 紅葉人参 青味 
<珍 味>
白子ポン酢 紅葉おろし
<焼 物>
温石風 牛ヒィレ 季節野菜
<食 事>
鮭親子御飯 香の物 汁
<デザート>
季節の物

15.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます
※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
料理のご予算もお気軽にお申し付けください

posted by chef at 17:18 | Comment(0) | 今月の会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

神無月の会席「実り会席」


実り会席


葉歩花庭 031.jpg

一年で穀物、木の実、キノコ類などが最も大きく成長する十月。
山の景色も紅く染まるこの時季、鯛も紅葉鯛といって、より赤みを帯びて美味しくなります。
ひやおろしを飲みながら、実りの秋を満喫しに葉歩花庭に足をお運びください。




「草」



<前 肴>
胡桃豆腐 キャビア 葡萄ジュレ掛け         
<凌 ぎ>    
秋鯖棒寿司 あしらい
< 椀 >
白身魚 松茸 青味
※ 草会席に限り、プラス1500円で吸い物を松茸を増量し土瓶蒸しにできます。    
<向 附>
紅葉鯛 妻色々    
<実り八寸>
かます柚庵焼 無花果西京 銀杏 のし鶏 焼き栗
<口直し>
柿なます 新イクラ掛け 
<焚合せ>
蕪 鴨 紅葉麩 青味
<食 事>
秋刀魚御飯 袱紗味噌仕立 香の物
<デザート>
季節の物

10.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます

胡桃豆腐1.JPG




「風」



<前 肴>
胡桃豆腐 葡萄ジュレ掛け             
<凌 ぎ>    
秋鯖棒寿司 あしらい
< 椀 >
季節の白身 青味    
<向 附>
本日の天然物     
<焼 物>
かます柚庵焼
<焚合せ>
蕪 鴨 紅葉麩 青味
<食 事>
本日の御飯 香の物 汁
<デザート>
季節の物


7.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます

かぶ 鴨煮物1.JPG




「はな会席」



<前 肴>
胡桃豆腐 キャビア 葡萄ジュレ掛け           
<凌 ぎ>    
秋鯖棒寿司 あしらい
< 椀 >
土瓶蒸し 白身魚 松茸 青味    
<向 附>
紅葉鯛 本日の天然物色々     
<実り八寸>
かます柚庵焼 無花果西京 銀杏 のし鶏 焼き栗
<口直し>
柿なます 新イクラ掛け 
<焚合せ>
蕪 鴨 紅葉麩 青味
<強 肴>
秋刀魚黄身揚げ
<食 事>
松茸御飯 袱紗味噌仕立 香の物
<デザート>
季節の物

15.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます
※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
料理のご予算もお気軽にお申し付けください


10月萩.JPG
posted by chef at 08:59 | Comment(0) | 今月の会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

季節限定「松茸尽くし会席」


松茸尽くし会席

2017.9 松茸2.jpg

松茸会席のご案内です。
前半は岩手産、後半は長野産の松茸を使用する予定です。
土瓶や吸い物などは つぼみと言って中の香りを持つもの、
焼物 ご飯はひらきと言って傘から初めから香りを放出してるものを使用します。
今年の松茸は例年より少なめですが、出来るだけ良質な品を沢山仕入れさせていただきます。
皆様のお越しをお待ち致しております。

献立の内容を通常の会席に差替えも出来ますので、
ご予約の時に値段などお問い合わせください。
期間限定 9/11~10/31

<前 肴>
松茸と春菊 菊花チリ酢和え 漬けイクラ           
<凌ぎ八寸>    
松茸寿司 鰹握り 鮎煮浸し のし鶏 銀杏 イチョウ丸十 他
<土瓶蒸し>
鱧 松茸 車海老 
<向 附>
本日の天然物 松茸の刺身    
< 鍋 >
クエと松茸うす醤油仕立て
<勧 肴>
焼松茸 炭火焼 秋刀魚マツタケロール 
<食 事>
松茸御飯 香の物 汁
<デザート>
季節の物

27.000円(税抜)

※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます

※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
お気軽にお申し付けください

2017.9 松茸1.jpg


posted by chef at 13:53 | Comment(0) | 季節限定会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

長月の会席「秋日和会席」


秋日和会席

今年は長雨で蒸し暑い夏を過ごされたと思います。
9月に入ると少しずつ秋めいてきて良く晴れ、爽やかな天気が多くなります。
食材も名残の鱧、脂ののった新秋刀魚、そして松茸。
暑い夏を過ごしたご褒美に、ひやおろしと落ち鮎をほおばり、
秋の味覚いっぱいの秋日和会席をお召し上がりください。



「草」



<先 附>
胡麻豆腐 満月鶉玉 雲丹          
<凌 ぎ>    
戻り鰹 燻し握り あしらい
<椀>
名残鱧 松茸 青味
※ +1500円で松茸増量の土瓶蒸しにできます。    
<向 附>
本日の天然物 妻色々    
<八 寸>
新秋刀魚肝焼 紅葉麩 鶏松風 銀杏丸十
揚げ新銀杏 車海老 無花果田楽
<箸休め>
穴子 胡瓜の菊花和え 
<焚合せ>
鮎煮浸し 里芋 青味
<食 事>
鮭御飯 香の物 汁
<デザート>
秋の実りデザート

10.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「風」



<先 附>
胡麻豆腐 満月鶉玉 雲丹             
<凌 ぎ>    
戻り鰹 燻し握り あしらい
< 椀 >
本日の白身 青味    
<向 附>
本日の天然物 妻色々    
<焼 物>
秋刀魚の肝焼き つけあわせ
<焚合せ>
鮎煮浸し 里芋 青味
<食 事>
本日の御飯 香の物 汁
<デザート>
秋の実りデザート


7.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「はな会席」



<先 附>
胡麻豆腐 満月鶉玉 雲丹           
<凌 ぎ>    
戻り鰹 燻し握り あしらい
< 椀 >
土瓶蒸し 名残鱧 松茸 青味    
<向 附>
本日の天然物 色々     
<八 寸>
新秋刀魚肝焼 紅葉麩 鶏松風 銀杏丸十 
揚げ新銀杏 車海老 無花果田楽
<箸休め>
穴子 胡瓜の菊花和え 
<焚合せ>
鮎煮浸し 里芋 青味
<強 肴>
牛ヒィレ肉 おろしポン酢と共に
<食 事>
鮭御飯 香の物 汁
<デザート>
秋の実りデザート

15.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます
※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
料理のご予算もお気軽にお申し付けください

posted by chef at 16:31 | Comment(0) | 今月の会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

葉月の会席「夏座敷会席」


夏座敷会席

夏座敷とカレイは縁側がいい」ということわざがあります。
多くの種類のカレイは冬が旬なのですが、マコガレイは夏に旬を迎えます。
葉歩花庭に縁側はありませんが、目で食して涼んで頂けるような夏座敷会席をご用意しました。
キリッと冷やした夏酒、酸味の効いたワインで夏の暑さを癒してください。




「草」



<先 附>
トマト寄せ 雲丹 ネバネバ掛け          
<凌 ぎ>    
豚角飯蒸し 銀あん 山葵
<椀>
鱧細引き 素麺瓜 針野菜はりはり    
<向 附>
真子鰈 本日の天然物 妻色々    
<焼 物>
一口牛フィレ肉胡麻みそ掛け 季節の西京焼き あしらい
<涼 菜>
冬瓜のすり流し 鮑 青味 
<強 肴>
穴子の玉地寄せ
<食 事>
季節の御飯 香の物 汁
<デザート>
お楽しみ

10.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます





「風」



<先 附>
トマト寄せ 雲丹 ネバネバ掛け             
<凌 ぎ>    
穴子飯蒸し 銀あん 山葵
< 椀 >
冷製冬瓜のすり流し 素麺瓜    
<向 附>
本日の天然物 妻色々    
<焼 物>
カマスの塩焼き あしらい
<煮 物>
三元豚 馬鈴薯あん
<食 事>
本日の御飯 香の物 汁
<デザート>
お楽しみ

7.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます




「はな会席」



<前 肴>
トマト寄せ 雲丹 ネバネバ掛け           
<凌 ぎ>    
豚角飯蒸し 銀あん 山葵
< 椀 >
鱧 素麺瓜 早松茸    
<向 附>
真子鰈 本日の天然物 妻色々     
<焼 物>
尾崎牛胡麻みそ掛け あしらい
<揚 物>
小柱とトウモロコシのかき揚げ
<涼 菜>
冬瓜のすり流し 鮑 青味 
<強 肴>
夏九絵の玉地寄せ
<食 事>
穴子の御飯 香の物 汁
<デザート>
お楽しみ

15.000円(税抜)
※仕入れの関係でメニューが異なる場合がございます
※二名様より前日までに御予約お願い致します
その他 苦手な食材 アレルギーのある食材など
料理のご予算もお気軽にお申し付けください


posted by chef at 11:32 | Comment(0) | 今月の会席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする